border

  ※海外で開催される展示会などのイベントは違った色の文字で表示しています。


1948 現代表大沼秀一の父親である大沼健蔵によって創業。


1963 ファインゲージ専業メーカーに転身。ミラノリブによる重衣料ドレス・スーツの生産開始。完全社内生産システムを確立する。
1974 コンピューター制御丸編機を導入。カット&ソー、カット&リンキングを強化する。
1977 コンピューター制御横編機を導入、受注後30日生産体制を確立する。
1979 コースゲージ(粗ゲージ)による重衣料(コートやジャケットなど)の商品化。
1987 ナチュラルなものづくりを目指して、新分野の草木染を開始。ものづくりの考え方を転換し、より生活に密着したものづくりの開発に取り組む。
1989 大沼秀一が代表取締役社長に就任する(現職)
1990 22G/28G/32Gの導入により新分野の商品の研究開発を積極的に行う。
1991 社名を大健株式会社から株式会社ケンランドに変更。

2010 独自に開発したリネンのニットをメインにした自社商品ブランドKENLAND LINENを立ち上げ、素材選びからデザイン、縫製などの社内生産システムに加え、販売やマーケティングも独自に始める。
12月 ジャパンベストニットセレクション(東京)に参加。
2011 4月 PLUG IN(東京)に参加
5月 山形ニット展(東京)に参加
7月 特別企画『東北の底力、心と光。「衣」、三宅一生』(東京)のイベント展示に招かれ商品などを展示。大沼がトークショーにも参加。
9月 Premiere Vision(パリ)にフランスのリネン紡績メーカーとの協業で参加
9月 WHITE(ミラノ)に参加
10月 PLUG IN(東京)に参加
10月 「1st Japan in East Knit 」(東京)に参加
2012 1月 東北テキスタイル・ニット商談会(ニューヨーク)に参加
2月 WHITE(ミラノ)に参加
5月 「2nd Japan in East Knit 」(東京)に参加
6月 interiorlifestyle TOKYO(東京)に参加
6月 Who's Next(パリ)に参加
9月 インターナショナルギフトショー(東京)に参加
9月 rooms25(東京)に参加
9月 TRANOI(パリ)に参加
10月 「3rd Japan in East Knit」(東京)に参加
10月 CELCの第1回世界リネン会議(ブリュッセル)で指名を受けプレゼンテーションを行う
12月 ジャパン・ベストニット・セレクション2012(東京)に参加
2013 2月 インターナショナルギフトショー(東京)に参加
2月 rooms26(東京)に参加
3月 TRANOI(パリ)に参加
6月 「4th Japan in East Knit」(東京)に参加
7月 IFF(東京)に参加
9月 rooms27(東京)に参加
9月 TRANOI(パリ)に参加
11月 「5th Japan in East Knit」(東京)に参加(予定)

border